オーブントースター「サーモスタット効きすぎ」問題を何とか解決!

生活の知恵

サーモスタット効きすぎ問題発生

以前購入した、某社の4枚焼きオーブントースター。

最大1200Wで、購入当初は4枚のトーストを4分くらいで焼けていました。

僕

家族が多いので、サクッとたくさん焼けるのは助かります!

しかも値段も安かったのです。4,000円くらいでした。

しかし、数か月の間使っているうちに、明らかに焼け方が甘くなりました。

5分経ってもいまいちきつね色に焼けておらず、6分、7分・・・

そのうち、10分経ってもいまいち焼けなくなりました。

理由としては、「すぐにサーモスタットが働き、ヒーターが付いてはすぐ切れる」からです。

我が家は5人家族・・・

4枚焼けるので、トースト第二弾になる残り一人(たいてい僕・・)は、そこからさらに10分以上待たされる、という訳です。

しかも2回目はトースター内の温度も高いままからのスタートなので、さらにサーモが働き、ヒーターがちょっと付いてはすぐ消え、ちょっと付いてはすぐ消える・・・

10分経ったころには、「もういいや」と、まだパンが白いままで、でも、水分は飛んでいるのでパッサパサのパンを食べることになる、という訳です。

これは買い替えをしなければならないのか。。。

しかしまだたった1年ちょっと。

保証期間も過ぎてしまっているが、ダメ元で購入元に電話して交換可能か聞いてみるかなぁ。。。

昔、日立の洗濯機が2年くらいで「原因不明の水漏れ」をするようになりました。

まさかこんなに早くこんなことになるとは思わず、延長保証はつけていなかったので保証が切れた状態で修理を頼んだんです。

そして、お金を払う段階になった時、「今回は・・・お代は大丈夫です。短い期間にこのようなことになってしまい、まことに申し訳ございませんでした。」と、なんと無料に!

こういうパターンもあり得るので、連絡してみる価値はあり、と思いつつ、今回は安いトースターです。

説明書にも、サーモスタットについての説明があり、「ついたり消えたりを繰り返し、時間が長くなることがある」、と明記もされているし、サーモが働いている時点で故障ではありません。

クレーマー気質でもないので、今の段階では電話も躊躇してしまいました。

オーブントースターのサーモスタット対策(試行錯誤編)

とりあえず、思いつくことをやってみよう!となりました。

そもそもサーモが効くのは「サーモ付近が熱いから」なので、トースターを使っている間に扇風機を当て続けるということをしてみました。

結果・・・効果は特にありませんでした。

次に、使用前、使用中にアイスノンでトースターを冷やすということをやってみました。

検索すると、「サーモスタット」は、ワットの調節やタイマーがある部分の付近にあるようなので、ここを重点的に冷やしてみました。

結果、こちらも特に意味はなく、トーストの時間短縮にはなりませんでした・・・。

僕

手ごわい相手だぜ・・・

昔はこのようなことなく、すぐにパンも焼けていたと思うんです。

しかし、昨今の風潮というか、「事故が起こった時の経営リスク回避」がここにも大きく反映されているのかな、と思いました。

つまりパンが快適に早く焼けるよりも、サーモが効かずに事故が起こった時のリスク回避を、企業は選んだ、ということです。(勝手な憶測ですが)

とりあえず、このままではパンが満足に焼けないイライラが募るばかりなので、必死に検索しました。

検索を続けるうちに、結構多くの人が実践していることとして、サーモスタットを外してしまうというのを見ました。

トースターを分解して、サーモスタットを外す、というものですね。

難易度が高そうですし、もちろん、公式にはやってはいけないことでしょう。

しかし、結果壊れて買い替えになってもいいや、という気持ちで、分解してみることにしました。

分解といっても、このタイプはプラスドライバーひとつで対応できました。

ひたすらネジを外し、上フタを取ります。

オーブントースターの分解
オーブントースターの分解

これがサーモスタットかどうかは分かりませんでしたが、「サーモスタットはネジ止めされている」ことが多いらしいのでおそらくこれがサーモ部分だと思われます。(↓赤丸部分のネジ)

オーブントースターの分解

そして、ネジで留められていた部分。この赤丸部分がサーモだと思われます。

オーブントースターのサーモ部分

そして、僕はサーモを取り外すことなく、まずはサーモスタットのネジをゆるめて、接着していた部分に隙間を作ることをやってみました。

完全に取り外すことはやはり良くないのでは、と思いましたので、少し隙間ができることで「以前よりはややサーモが効きにくくなるのではないか」という仮定の元です。

・・・しかし、これもほぼ意味なく、サーモスタットはガンガン効いてしまいました。

サーモスタットを完全に解除したら良さそうですが・・・やはり、小さな子供もいる家庭であり、ちょっと目を話した隙にトースターで遊んで取返しのつかない事態に発展するのを考え、やめました。

オーブントースターのサーモスタット対策(解決編)

もうここまでネジを付けたり外したりしてしまったので、今更返品・交換はしづらくなりました。

上記の試行錯誤の末、たどり着いた解決策は、

「使うときだけカバーを外し、サーモに扇風機を当て続けて焼く!」でした。

ちょっと間抜けな姿ではありますが、サーモが働くことなく、パンもサクッとこんがりきつね色に焼けました!

まぁ、「特におすすめはしない」方法であり、焼いている間は、周りに燃えるものを置かない、子供を近づけない、トースターから目を離さないなど、あくまでも「自己責任」ということでくれぐれもお願いしますが、「買って年数もそんなに経ってないのに、もう買い替えるのはシャクだ!何とか使い続けたい!」という方向けです。

やはり買い替えたら・・・!

カバーを取り外して扇風機を当てる作戦を続けて数か月・・・。

とうとう「ヒーターがそもそも点かない」事態となりました。

昭和のテレビのように、トースターを叩いたらまた復活したりしていましたが、ある朝、完全に点かなくなり、ありがとうの気持ちでようやく買い換えました。

そして、購入したのは、タイガーのトースター「うまパン」です。

これもお手頃な価格であり、普通の食パンなら4枚焼け、今度は「3分くらいでコンガリ焼ける」のです!

さらに驚くべきことに、2回目のトーストでは、1回目でトースター内が熱いので「2分少々」でパンが焼けるのです!!

もう1年以上経過しますが順調で、とにかく我が家のトースター問題はこうして解決したのでした。

(2023年1月現在、2回連続で使用しても、まだ5~6分程度で焼けていますよ!

【こちらの記事もどうぞ】
加湿器フィルターの取れない白い粉を無料で簡単に取る方法教えます!
楽天カードの申し込み方法を分かりやすく-ネット・ネット以外・郵送
更年期からの養命酒の効能-僕が明らかに感じた効果をご紹介です!

タイトルとURLをコピーしました