ファクタリングで手形買取してもらえる?手形割引との違いなど説明

ビジネス知識

請求書などの売掛債権を元に、資金調達を行うファクタリングへの認知が広がってきています。

そのファクタリングの対象となるのは主に「売掛金」ではありますが、建設業などを中心に、支払いに約束手形を利用されるケースがまだまだ多いのではないかと思います。

今回、ファクタリングの利用を検討されている方で、

手形はファクタリング会社に買い取ってもらえるのかな・・・?

というケースについて考察しました。

また、手形割引との違いについても記述しています。

手形をファクタリング会社に買い取ってもらえるか

ファクタリングは、債権の買い取り(売買)になりますが、手形はどうでしょうか。

結論から言えば、売掛金を元にしたファクタリングよりも数は多くありませんが、手形買取のファクタリングを行っている所もあります。

一例は下記の会社です。

メリット:手形割引と違い、ノンリコースで安心

約束手形の早期資金化と言えば「手形割引」が、実務者にとってなじみのある方法だと思います。

要は、支払期日前の約束手形を銀行等に持ち込み、割引料と呼ばれる手数料をはらうことで資金調達する方法です。

しかし、手形割引の場合、もしその手形が不渡り(手形発行元の会社の資金が底をついて手形金額が払えない状態。ほぼそのまま倒産となる)になると大変です。

銀行には手形買戻請求権があり、割引の依頼人に対し、「手形を買戻しさせる権利」が生じます。

一方、先ほど挙げた2社の手形買取ファクタリングでは、ノンリコースによって買戻請求されることなく、不渡りになっても債権はファクタリング会社に移っているので安心です。

えっ!本当?!と疑いたくなりますよね。

しかし、ノンリコースでの契約だと、その後手形が不渡になっても自分に影響が及びません。

この返済義務があるかどうかがファクタリングと手形割引の大きな違いになります。

デメリット:審査があり条件が開示されていない

手形買取ファクタリングがあるのはあるのですが、ノンリコースであると、大手の銀行系や大手のリース会社などが中心のようです。

そして、具体的な手数料率がパンフレットや紹介記事に明記されていません。

審査によって要望に応じられないことがある、とは明記されています。

あまり認知も広がっていないことより、条件や使い勝手の観点から、明日の資金調達に苦しい会社にとっては一定のハードルがあることが予測されますが、問い合わせするだけしてみるのも一つです。

売掛金のファクタリングについて

手形のファクタリングは数も少なく、一定のハードルがあることが考えられる為、一般的な、売掛金のファクタリングを検討される場合は、別記事にしていますのでよろしければご覧ください。

こちらもノンリコースであり、特に資金調達を急いでいる、銀行に融資を断られているといったケースでは急場しのぎの選択肢としては有用です。

まとめ

手形の割引のみならず、手形のファクタリングという手段もあるにはある、ということについて記載しました。

ただ、なるべく早く資金化をさせたい会社様などは、売掛金のファクタリングについてもご検討されてみてはいかがでしょうか。

【こちらの記事もどうぞ】
・即日オンラインでのファクタリングで資金調達可能会社【審査甘い】
・ファクタリングのヤバイ口コミ・悪い評判だけを集めてみた。【資金調達】
・ファクタリングの手数料と借金の金利計算の方法を分かりやすく説明!

コメント

タイトルとURLをコピーしました